読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たんたんの日々

淡々と生きる。坦々と暮らす。忘れていた楽しみ、おいてきぼりにしていた暮らし、新しい愉悦、心地よい時間を再発見していく日々をつづる。

暮らしとカラダの変化

平日の朝風呂に行った。
じいさんばっかりである。僕もその一人だが(笑)。
 

f:id:tanntannto:20170112015909p:plain

何気なく乗った体重計で60kg台の数字が目に入って我が目を疑った。うちに帰って再度乗ってみたら概ね同じ。まちがいでなかった。
 
1年前は75kg目前で戦々恐々としていたから、ほぼ5kg減ったことになる。


退職後3ヶ月の僕は、ありがたいことにあちこちで送別会やら、暇そうだから呼んだとか、時間ができたので旧知の仲で久しぶりにとか、連日のようにとはいわないが、現役時代よりは飲んでいるかもしれない。特に摂生した意識はなく、ここまで落ちた。

大きく変わったことは普段の食生活。
 
通勤途上でモーニングを採ることも多く、昼食の量も内容も定食のそれだった。昼しっかり食べておかないと夜まで持たない、とか、残業で遅い夜は家に帰る前にお腹がもたずに、ついエキナカで外食。ついでのビールジョッキも自分に許していた。
 
今は外飲み以外は粗食少量といえる。少量食べて、小腹がすいたら、また少量(冷凍の小さな焼きおにぎり一個とか)採る。それがいいのかわるいのかわからないが、それでも体重が落ちたということだ。

机に座り放しでパソコンや会議続きの仕事ではなくなったこと。
 
のことも、外の仕事も立ってする。あるいはけっこう動きまわる。
 
 
退職後は定期券の恩恵に浴さないから電車賃節約のためと、時間に追われていないから多少の距離ならまめに歩くようになった。
 
そのいくつかが合わさってのサプライズ!だろう。

この程度のこと、現役時代にやれる人はとっくにやってるか。でも僕は苦行僧のようなことはしたくなかったゆるい人間だから。

ここで、な~んだと笑わないでいただきたいが、僕は身長163センチだから標準体重は約60kgをきらないと。あと10Kgもある。

ここからスタート。ゆっくりまた1年かけて5キロくらいかな。